FC2ブログ

リオ五輪

今日は、8月15日。終戦の日だ。71年前も、蝉しぐれの暑い夏だったようだ。テレビで、戦没者追悼式の中継を見ていた。正午の黙祷の後、天皇陛下のお言葉があった。君が代も歌われた。僕は、テレビの前で、黙祷をした。8日に、天皇陛下の「お気持ち」が表明された。82歳のご高齢による、公務遂行の困難さを語られた。「生前退位」も、現実的になった。今年は、リオ五輪があり、高校野球が、目立たなくなった。しかし、両方で、熱気が倍増した。オリンピックの思い出は、1956年のメルボルンからある。ラジオから流れる中継を聴いていた。平泳ぎの古川選手の潜水泳法が、話題になった。あれから60年。すべての大会で、思い出がある。東京五輪は、高校2年生の時。今回のリオ五輪は、開会式から見ていた。競技が始まると、毎日結果を確かめるため、テレビばかり見ている。
柔道、体操、重量挙げ、水泳、陸上、レスリング、それに、女子マラソンもあった。21日の開会式までの前半戦だ。五輪に出場出来る選手は、別格だ。体操の技に、舌を巻き、水泳の速さに驚いた。メダルを取った選手、逃した選手、共に笑顔と涙があった。僕には、経験出来ない笑顔と涙。ある意味で、選手達が羨ましかった。人生の凄い財産になったからだ。僕が、欲しくても手に入らないメダルだ。五輪中継を楽しんでいる時に、自分は何を努力したのだろうと、ふと思った。選手達は、異口同音に、諦めない心が、夢が実現する道だと言う。夢の舞台に立てて、嬉しいし、応援してくれた家族や友人達に感謝していた。僕の夢は何だろう。すぐ現実的になり、夢は少なかった。今では、出来る限り長生きをしたい。大した社会貢献が出来なくても、長生きをしたい。これがささやかな夢だ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazu0322

Author:kazu0322
僕のブログです。感想があれば、投稿して下さい。タイトル「そよ風」のような、爽やかな記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR