FC2ブログ

認知症

秋のお彼岸が過ぎる頃は、朝夕の空気が涼しくなる。夏は、寝苦しくて、夜中に起きてしまう。朝まで、熟睡する時は少ない。僕は、高齢者の部類に属する。自分では、まだ頑張れると思うけれど、足腰膝の痛みが、強くなり、階段の上り下りに、痛みをこらえる。そのような時に、年齢を実感する。「寄る年波には勝てない」の言葉が、頭をよぎる。テレビで、膝の痛みを治す薬のCMを見ると、同じ歩き方をしている。まだ薬を飲む気はならないが、酷くなったら飲むだろう。人生は、思っているほど長くはない。24日(土)に、産文センターで「認知症サポーター養成講座」を聴いた。85歳以上では、4分の1が、認知症にかかるようだ。NHK教育テレビでも、認知症の番組があり、時々見る。まだ他人事と思うけれど、その内身近な問題になるだろう。講座は、DVDで、ゴミ出しや、スーパーでの買い物、銀行や郵便局でのトラブル、それに徘徊や物取られ妄想について紹介されていた。よく聴く話だが、自分の親や親しい人が、その症状を示すと、かなりショックだ。あんなにしっかりしていた人が、変わってしまう現実にやりきれなくなる。他人の時は、笑い話になるが、身近な人では、悲しくて辛くなる。講座では、症状の理解と、周囲の人による支援について話された。基本姿勢は、1、驚かせない2、急がせない 3、自尊心を傷つけない の”3つの「ない」”にある。僕も、そのように対応したいけれど、実際に出来るのかは、自信がない。僕の両親は、認知症になる前に、亡くなったため、壊れていく姿を見なくてすんだ。その点で、少し安堵感がある。僕も、認知症になる前に、身辺整理(断捨離)をしておきたい。そのように思わされた講座だった。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazu0322

Author:kazu0322
僕のブログです。感想があれば、投稿して下さい。タイトル「そよ風」のような、爽やかな記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR