麦の会(23)

陽射しは、明るくなってきたが、寒い日が続いている。石油ストーブを入れていても、隙間風で寒い。古い家なので、隙間が多いからだ。長く入れていると、石油がすぐに無くなってしまう。今日は、月1回の「麦の会」に出席した。女性8名男性2名の、合計10名だ。今は、「弱さを抱えて歩む」(堀 肇著)を読んでいる。この本では、2回目だ。内容は、4、死別の悲嘆に慰めをーナインの母親 5、本気の友情は、美しいー中風の人の四人の友 6、古き「群像」をあとにしてー十人の病人 の三章を読んだ。4、は、息子を亡くしたナインのやもめが、泣いている所に、イエスが通りかかり、「泣かなくてよい」と言われ、棺に手をかけ「起きなさい」と命じられると、その息子は、起き上がって話し出したのです。5、は、中風の人が、四人の友によって、屋根を剥がして、イエスの所に、吊り下げて降ろされたところ、イエスは、「子よ。あなたの罪は赦されました」と語られたのです。そして、「起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と、彼の病を癒されました。この四人の友人は、「本気で彼のことを思い」行動したのです。本気の友情を示したのです。6、は、皮膚病にかかった十人が、遠くから、「イエス様、先生。どうぞあわれんでください」と、病の癒しを懇願したのです。イエスが、彼らの願いを聴き入れて、癒されました。しかし、一人のサマリヤ人だけが、イエスに感謝しただけだった。残りの九人は、イエスの元に来なかった。サマリヤ人だけが、九人の古き「群像」を後にして、新しい絆の世界に入ったのです。以上が、今日の学びです。比較的、分かり易い話ばかりだった。3月は、22日にある。僕の誕生日だ。誕生祝いは、「麦の会」になるだろう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazu0322

Author:kazu0322
僕のブログです。感想があれば、投稿して下さい。タイトル「そよ風」のような、爽やかな記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR