FC2ブログ

麦の会(26)

暖かくなってきた。5月下旬は、半袖姿の人も見かける。晴天の日が続いている。自転車で走っているため、青空は有難い。僕の家の周辺でも、工事をしている。僕の家は、築70年以上になるため、新築の家を見ると、住んでみたくなる。今月も、麦の会があった。出席者は、女性4名、男性は、僕だけの1名。「弱さを抱えて歩む」(堀肇著)を読んでいる。今回は、B:ほんものを探し続けて。13.愛を退けないでー富める青年 14.疑いは純粋性のあかしートマス 不安も疑問もそのまま話すー使徒ピリポ の3章を読んだ。13.は、有名な話で、映像的な記憶が残ります。青年は、模範的な生き方をしていましたが、「永遠のいのち」を得るために何をしたら良いのかと、イエスの御前に膝まずいて、問いました。イエスは、財産を売り払い、貧しい人に施しをしてから、付いてきなさいと言われました。しかし、青年は、悲しんで、去っていきました。イエスの愛を受け取らなかったのです。14は、12弟子の1人であるトマスの話。イエスが復活した時、その場にいなかった。そして、「私の手を、わきに差し入れなければ、信じない」と言いました。このため、疑い深いトマスとして有名になりました。しかし、私達も、同じように、見なければ信じないと思うでしょう。トマスには、愛と純粋性があったのです。15は、弟子の中でも、前景に出てこない人物です。5千人に食物を与える場面で、「パンが足りない」と言ったり、エチオピアの宦官に、イザヤ書の解き明かしをして、洗礼を授けた話が、有名です。イエスと長く一緒にいても、疑問をぶつけています。純粋性のある人で、ひかれます。表には、あまり現れないけれど、味わい深い弟子なのです。以上が、今回の学びです。新しい発見がある学び会のため、長く続けられている。次回は、6月28日(水)の予定。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazu0322

Author:kazu0322
僕のブログです。感想があれば、投稿して下さい。タイトル「そよ風」のような、爽やかな記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR