雑感

夏休みに入ると、家族連れの姿を見かける。夏休みになって喜んだのは、遠い昔だ。思い出すのは、ラジオ体操。僕の家の前にある、信用金庫前で、毎朝行われた。ラジオの音が聞こえると、急いで起きて、走って行った。判を押してもらい、休みが終わったら、学校に持っていった。それに、宿題と工作が、課題だった。宿題は、早く終わらせて、工作に取り掛かった。覚えているのは、浮き玉を使って、水量調節器を作った事だ。小学生にとっては、難しかった。また、昭和35年(小学6年生)の時、多治見市制20周年記念のラジオ体操が、養正小学校であった。休みだったけれど、全校生徒が集まって、NHKの実況放送で、体操をした。「20年は、成人になる年月」と、体操の演技をする男性が言っていたのを、覚えている。今年は、市制74年になる。月日の経つのは、本当に早い。商店街では、7月28日から8月4日まで、七夕飾りを取り付ける。風になびく風情は、夏らしい。1週間で、片付けるのは、早過ぎて、勿体無い気もする。7月27日に、仲間と、犬山へバーベキューに行った。焼いている途中、雨が降ってきたが、皆で食べている間に降り止んだ。最初は、焼くと、すぐに無くなったが、終わりの頃は、お腹が一杯になり、余ってしまった。たまには、戸外でするのも、良いものだ。7月31日は、放送大学の試験のため、中京大学に行ってきた。試験は、難しくない。しかし、白髪の老人が、試験を受けている姿は、励まされる。八事にあるが、坂が多くて、歩き疲れてしまった。隣に、八事山興正寺があり、終わってから、散策してきた。約130年前に建造された五重の塔がある。古いお寺は、心が休まる。俳句の吟行をしている人達を見かけた。暑い陽差しに、熱中症になりそうだった。8月3日は、花火大会。始まる前の夕方、ゴミ袋を、歩いている人達に配った。多くの人は、喜んで受け取られた。しかし、ゴミを捨てる人は、後を絶たない。ゴミを拾う人は、ゴミを捨てないものだ。以前は、多治見橋で、仕掛け花火をしていたが、今は、陶都大橋へ移り、見られなくなった。打ち上げ花火だけだ。昔は、縁台に座って、近所の人達と見ていた。浴衣姿の人が、屋台で、買って食べ歩いている。夏祭りの風景は、解放感がある。今日は、広島の日。朝のテレビで、「原爆慰霊式典」の中継を見ていた。戦争の無い日が続いて欲しい。「長崎の日」、「終戦の日」と、戦争を語る日が続く。両親の世代は、戦争体験者だが、他界していくから、生きている者が、声を上げる必要がある。これが、最近の雑感です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazu0322

Author:kazu0322
僕のブログです。感想があれば、投稿して下さい。タイトル「そよ風」のような、爽やかな記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR